個性を出すだけが目的じゃない!オリジナルTシャツのメリットとは

Tシャツが示す、あなた自身

普段私達がオリジナルTシャツを見る場面とは、スポーツ選手や飲食店の従業員、部活動をする学生などが着用している場面が多いかと思います。それぞれがTシャツの胸や背中部分などにチーム名や店名を入れるなど、他にはない独自のTシャツを持っています。このようなTシャツを目にしたとき、私達は「○○チームの選手か」「〇〇の店員さんか」など、着用している人の所属を知ることができます。これはつまり、動きやすさ・軽やかさを重視する業種の人たちにとって、Tシャツは制服になると言えるでしょう。自分をアピールしたい、けれど名刺交換をする時間も機会もない、という人たちにとっては、オリジナルTシャツはまさに自分をアピールするアイテムといえます。

自分に合った色を出して

Tシャツを作る上で大切にすることは、見せたい自分に合った色を使うことです。人は相手をパッと見たときに、Tシャツに書いてある文字までは目に入らなくても、Tシャツの色は必ず目に入ります。例えば、焼肉店の従業員が赤や黒のTシャツを着ていると、「火」や「炭」を連想することができます。また、部活動をする学生が黄色やオレンジ色のTシャツを着ていると明るく元気なイメージを抱くでしょう。さらに、1人で着るのか、団体で着るのかによっても選択すべき色は異なります。蛍光色など目立つ色は、大人数で行動する場合に各人を見つけやすくするので、大変便利です。オリジナルTシャツを作る際にはぜひ、見せたい自分のイメージ、用途に沿って色を選んでみましょう。

オリジナルtシャツのデザインは簡単に作ることができます。デザイン次第でビジネスとして成立するかもしれません。